千年の紙の町・土佐市高岡町は日本一の清流・仁淀川の水の恵みと、流域の山の斜面で栽培される良質な楮(こうぞ)によって、国内有数の和紙の生産地として、独自の歴史的和紙文化を育み、伝承してきました。

一枚一枚真っ白に漉き上がった和紙が、干し板に貼られ青空の下で輝いているようすは、この地域の印象的な風物詩でした。

三彩のルーツは百年以上前の明治期の手漉きの営みに始まりました。そして今では、素材の開発からブランディングまでが一貫して可能な、国内でも希少な企業グループとして成長してきました。

漉き上がった白い和紙は透かして見ると、それぞれにいろいろな表情があります。
さまざまな繊維を、いろいろな漉き方をすることで、個性と表情が生まれ、それぞれ多彩な用途に活用できるのです。

しかしながら、昔から高級化粧紙の原料として珍重されてきた土佐楮は、その栽培と加工の困難さから生産高は減少の一途をたどってきました。

このような状況のなかで、私たちはその土佐楮の再生のため自家栽培に着手しました。作業軽減のための工夫に努め、世界で初めての楮を加えた不織布「ハイブリッド和紙」の生産に成功し、フェイスマスクなどの和紙シートを使ったスキンケア化粧品が誕生したのです。

樹脂製の接着剤を使わず、水で漉いた私たちの紙は、森と水の恵みから生まれた純粋な紙文化そのものといえます。

多彩な個性を持つ和紙や不織布に独自の技術を加えることで、より高いクオリティと機能性、そして一度使ったら手放せない使い心地を生み出しました。これは、素材の本質を知り、研究し尽くした企業グループならではの開発力の表れです。

私たちは今後も様々な工夫を重ね、文化価値を継承しながら環境に配慮し、ハイブリッド和紙という分野を起点として、すべての人々のしあわせな日常へ輝きと安心を提供していきます。

水で漉く白い紙・みずかみ mizukami -HYBRID WASHI-